峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

【ÅttondelspolskaとSextondelpolskaとTriolpolska】と【ポルスカについて諸々】ページ追加しました。

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

「ÅttondelspolskaとSextondelpolskaとTriolpolska」

「ポルスカについて諸々」

解説ページを追加しました。

ページに書くことはちょっとずつでも良いし、まとまってなくても良いし、わかりやすく書かなくても良いって思ったら伝えたいことがたくさん出てきました。

今日書いたことは特に、読んでもいまいち意味がわからない方も多いかもしれません。初めての人向けではないと思います。それでも読んで頂けたら嬉しいです。また今度、って思ってもらえても嬉しいです。

今までこういう専門用語を使わないように、自分を抑えながら解説してきたので。専門用語を使っても良いって思ったら気持ちがかなり楽になりました。ついてきてもらえなかったらダメだしどうしようって思っていましたが、それでも良いのかなと思うようになりました。

反対に、ポルスカのことをポルスカって書くのかpolskaって書くのかとか、そういうことはどうでも良いかなって思えるようになりました笑。

色々出し切って初めて調節が効くのかもしれないなと思います。

昨日知り合いの方とLINEしていて気づいたのですが、私がスウェーデン民族音楽を好きなのは、スウェーデンの奏者が本当に楽しそうに弾いているから。大の大人が子供みたいに無邪気にはしゃいで。それは、楽しそうに弾こう、というのとは全然違うんです。弾くのが楽しいのが止められないって感じなんです。私はそれが好きです。

今日もお読みいただき、ありがとうございます!