峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

峰村茜(みねむらあかね)


ニッケルハルパ奏者

≪簡易プロフィール(写真つきpdf)はこちらです≫

1990年

東京出身。

2010年

大学3年生の時にスウェーデンのルンド大学に1年間交換留学。スウェーデンで現地の文化や人々の考え方に触れ、興味を持つ。

2013~2015年

大学卒業後、ブレーキンゲ国民高等学校で2年間演劇をスウェーデン語で学ぶ。

帰国直前に受講したサマーコースにて、ニッケルハルパとスウェーデン民族音楽に出逢う。

2016年

東京でニッケルハルパを習い始める。

2018~2019年

スウェーデン民族音楽とダンスの学校、エリック・サールストルム・インスティテュートに1年間留学。ニッケルハルパの奏法とスウェーデン民族音楽を学ぶ。

2019年

帰国後、演奏活動開始。ニッケルハルパとスウェーデン民族音楽の魅力を伝えるための活動をしている。

経歴詳細・学校の正式名称はこちらからどうぞ。


HPをご覧いただき、ありがとうございます。

スウェーデンの民族楽器ニッケルハルパでスウェーデン民族音楽を演奏している、峰村茜です。

私は大学生の時にスウェーデンに留学し、スウェーデンが好きになりました。

「スウェーデンのことをもっと知りたい」と思い、留学を重ねる中で、たまたまニッケルハルパとスウェーデン民族音楽に出逢いました。

2019年から、ニッケルハルパ奏者として日本で演奏活動をしています。

どうぞよろしくお願い致します。

(以下、ニッケルハルパとスウェーデン民族音楽について簡単にご紹介しています)

~ニッケルハルパとスウェーデン民族音楽について~

ニッケルハルパもスウェーデン民族音楽も、「何のことだかよくわからない」と思われる方が多いかもしれませんので、

もしよろしければ、こちらの演奏動画をまずはご覧くださいませ。(動画:レソノサウンドのYouTubeチャンネルより)

 

ニッケルハルパはスウェーデンのウップランド地方という所で伝承されている民族楽器で、この動画の楽器です。

ヴァイオリンのように弓で弦を弾き、ピアノのような鍵盤(キー)で音を変えます。共鳴弦と呼ばれる、「弓では弾かない弦」が、楽器の深い響きを生み出しています。

このニッケルハルパで、私はスウェーデンの民族音楽を中心に演奏しています。

スウェーデンの民族音楽は、「無印良品の店内BGMの世界観」を想像して頂くとイメージが湧きやすいかと思います。

(実際にBGMでは、ニッケルハルパもスウェーデンの民族音楽も現地のミュージシャンの演奏が使用されています)

 

スウェーデン民族音楽は、ダンスの伴奏の音楽(舞曲)として、人々に日常的に親しまれてきた音楽です。

結婚式などの特別な行事で演奏されることもよくあります。誰もが楽しむことができる音楽で、楽しみ方もそれぞれ自由です。

とても軽やかで楽しく、美しく、格好良い音楽です。

ニッケルハルパとスウェーデン民族音楽の世界を、どうぞお楽しみください!

(プロフィール写真撮影:小池拓、その他の写真:峰村茜)

2021年9月更新