峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

【演奏しました】京島キャンドルナイト~ぬくもり長屋~にて演奏させていただきました!(写真つき)

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

(※12/22追記 こちらの様子を「すみだノート」にも掲載していただきました!すみだノート掲載ページはこちら。


昨日は「京島キャンドルナイト~ぬくもり長屋~」にて、1時間ほど演奏とお話をさせていただきました!

スウェーデンの曲、クリスマスの曲、日本の曲を織り交ぜながら、スウェーデンのクリスマスの雰囲気やルシア祭の話などもさせていただきました。お越しくださった皆様、花笑みキャンドルプロジェクト様、ありがとうございました!

(昼間撮った写真。長屋の外側の様子です)

(こちらは準備中の中の様子。座布団に座って聴いていただきます)

昼間はこのような感じの空間で、こちらはこちらで素敵なのですが、夜になりキャンドルを灯すとこのように…↓(以下の写真全ての撮影:花笑みキャンドルプロジェクト様)

この華やかなキャンドル達の中で演奏させていただきました。私の周りの青い灯りだけ、和紙をろうに混ぜたもの(燃えてしまうので、中はLED電球)を使っているそうです。他のものは全部火をともしたキャンドルです。(全部花笑みキャンドルプロジェクトさんの手作りだと思います)

いや、なんかもう、この空気感がすごくないですか?キャンドルのパワーがすごかったです。あたたかかったですし。

正直にいうと、私は死後の世界に旅立ったような気持ちになりました笑。灯り(花)に包まれて見送られる人の気持ち笑。

もしくは、アニメの中で魔物が召喚されるシーンみたいな笑。デジモン進化!的な。

…いずれにせよ、キャンドルがとてもきれいでした。

そんな中で演奏させていただいたのですが、すごく特別な気持ちになりました。

ニッケルハルパの音色も、昼間明るい中でキャンドルを灯さずにリハをした時よりも、本番の方が格段によく響いていた気がします。部屋の温度と楽器の温度が合ってきたからなのか、私がリラックスしていたからなのか、両方なのか。

皆様があたたかく聴いてくださったから、というのもあると思います。

空間や周りの人から音が影響を受けることは本当によくあって、私は昨日、良い影響をたくさんいただきながら演奏しました。自分が普段演奏中「急かされている」気になっている癖があるな、ということに気が付きまして、余白の大切さとか、余白を大切にしても良いんだ、ということを学んだ夜でした。

動画もいただいので、そちらも後でなんらかのかたちでお見せできればと思っております。

花笑みキャンドルプロジェクトさんのYouTubeチャンネルに演奏動画の一部(「ふるさと」と「きよしこの夜」)をアップしてくださっています。ぜひご覧ください!12/22追記

昨日は素敵な夜をありがとうございました!!