峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

つい毎日聴いてしまう。Olov Johansson作曲の「Brudpolska」

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

この曲は毎日聴いている気がします。

Olov Johansson(オーロヴ・ヨーワンソン)のBrudpolska(ブルードポルスカ、結婚式のポルスカ)です。

ピアノはAnders Bromander(アンダーシュ・ブロマンデル)です。スウェーデンにいる友達が、Andersを教会のコンサートで見た際に、「口の中で舌をものすごく動かしながら弾いてた」って言っていたのですが本当でしょうか。Andersを見るとついそのことを考えてしまいます。

Olovの音色や音楽はあらゆる意味で優れていて、本当に素晴らしい、としか言えないなと思います。

この2人の組み合わせは、無印良品のCDでもおなじみです。無印良品のCDに収録されている曲も含めて、2人が一緒に演奏している曲が収録されているCDが「Sommarlåt(夏の曲)」というタイトルになっています。

Olovのアートトラックのチャンネル(本人が運営しているのとは別のYouTubeチャンネル。公式。収益もミュージシャンに入るそうです。「アーティスト名+トピック」がついているもの)から聴けます。

https://www.youtube.com/channel/UCHjSSWHGkzQXjnlcOIoiCHA

動画を紹介し始めて気が付いたのですが、私は爽やかな曲や癒される曲を聴くのが特に好きみたいです。

この曲もそうですね。冒頭から爽やかで優しい感じです。

私は朝起きてすぐに曲を聴くことが多いので、それもあるかもしれません。

それ以外の曲も好きですし、よく聴くのですが、最終的にはここに戻ってくるかなあ、という感じがしています。そういう自分の原点のような曲が誰にでもありますよね。

そういう曲をブログで紹介できたら良いなと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

199曲目は「På bondbröllop」です!

 



Twitterで1日1曲(動画+ミニ情報)呟いています。Twitterはこちら

毎週火曜日、巣鴨のレソノサウンドでニッケルハルパ教室開講中。詳しくはこちら

その他演奏情報こちら