峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

スウェーデンの民族音楽アカペラグループ「Kongero」

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

Kongero(コンゲロ)という、スウェーデンの民族音楽(歌)を歌うアカペラグループがあります。女性4人組。

その中から「Mitt hela hjärta(私の心の全て)」をご紹介します。

「あなたは私の心の全て」…から始まる、愛の歌です。

押し付けがましいものではなく、静かに見守るような、包み込むような愛の歌だなと思いました。とても優しい歌です。

こういう歌を聴くと、心がいっぱいいっぱいな時も緩む感覚がして、自分を取り戻せるような気がします。癒されます。


Kongeroは結構前から活動していて、メンバーの入れ替わりなどもありつつ続いているグループです。

私がスウェーデンで見たのはこちらのメンバーの4人で、一番右のEmmaは留学先の先生の知り合いでした。

私がよく弾く「Gökpolska(カッコウのポルスカ。冒頭が「カッコ―」と聴こえる)」も、その先生から教えてもらった「あまり有名ではないレアな曲」の一つだったのですが、この曲は当時すでにKongeroが歌っていたので、Kongeroの人から教わったのかもしれないとも思いました。

躍動感があって格好良いです。

2020年の最新映像だそうですが、いつも青いイメージカラーで衣装をバラバラに統一していて素敵です(最新アルバムが青いものだからかもしれません)。

Kongeroといえば、私はCDを買った時にお金を払いそびれてしばらく払わずに持っていた期間があったのですが(スウェーデンでは本人達からCDを買うことがほとんどなのですが、本人達になかなか会えなくて。後でちゃんと払いました)、そのことを思い出します。「Ge mig tid(時間をください)」というKongeroのきれいな曲があるのですが、「アカネの場合は『Ge mig pengar(お金をくれ)』だね」と友達に言われました。

Ge mig tidはこちらです↓

以前知り合いの日本人の方とKongeroの話をした時、「別の(若い女性たちの)アカペラグループはそんなにピンとこなかったけど、Kongeroはいいなと思ったよ!あのおばちゃん達のグループでしょ?」と言われて、『おばちゃん…?』としばらく無言になりました。

おばちゃんではありません。

色々紹介できて嬉しいです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

200曲目は「Vals efter Lars Sahlström」です!

 



Twitterで1日1曲(動画+ミニ情報)呟いています。Twitterはこちら

毎週火曜日、巣鴨のレソノサウンドでニッケルハルパ教室開講中。詳しくはこちら

その他演奏情報こちら