峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

ニッケルハルパ体験教室に関して考えていること。

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

ニッケルハルパ教室の体験教室(初めていらっしゃる方へのレッスン)で何をどういう順番でお伝えしてレッスンをすすめるのか、まだまだ模索中だなと思います。

なぜかというと、「いらっしゃる方の興味の方向性に進め方を合わせて変えながら進行したい」と私が思っているからです。内容はあまり変えないかもしれませんが、進め方として。

例えば、体験教室にいらっしゃる方は多くの場合「楽器に興味が湧いたから触ってみたい、音を出してみたい」という方がほとんどなのですが、その方が今までに色々な楽器をやってきたその一つとしてニッケルハルパを試してみたいのか、それとも楽器の経験はほとんどないのか、によってもかなり進行の仕方が変わってきます。

もっと詳しく書くと、楽器の経験が多い方には、「音楽をやっている人の常識的にはこうかもしれないけどそうではないんですよ」という視点でのアプローチの方がニッケルハルパやスウェーデン民族音楽のおもしろさが伝わりやすいように思います。楽譜があるのが普通かもしれないけど、ここでは楽譜は使わないんですとか、普通は最初にまず指や弓の練習曲をやるかもしれないけど、ここではいきなり曲弾きます!みたいな。そういう方にはそういう方なりのとっかかりやポイント、ツボがある気がしていて、そこを押したいです。

反対に、楽器の経験があまり無いという方には、他の楽器や他のジャンルの音楽との比較よりも、とにかくニッケルハルパの音の出し方を直球ストレートにお伝えして、何よりもまず音を出して楽しむ時間が作れた方が楽しさが伝わるのかなと思います。そこで「他のジャンルの音楽では~他の楽器では~」みたいな、私の薄っぺらいにわか雑学みたいな話をするよりは、触っていただいて、音が出るし曲が弾ける!というのを感じて頂けた方が楽しいのではないかと思うのです。直に、ストレートに。

またその他にも、「技術面をどこまで掘り下げるのか?」もまだまだ模索中です。

スウェーデンでニッケルハルパを始めると、最初は音を出していきなり曲を弾いて、やりながら技術面を改善していくということが多いと思います。習うより慣れよという感じです。

それもあって、私もニッケルハルパ教室を始めた当初は生徒さんに「音が汚いのが気になるんですけど…」と言われても「今日始めたばかりですから、慣れればどんどん上達しますよ」とお伝えしていたのですが(ある意味ばっさりと斬るように…)、最近思うんです。

『さっきよりも音が少しきれいに出せるようになった』というのも、楽器を弾きたくなるモチベーションの一つだと。

最初から上手くなんてできない、というのは誰もがわかっていることですし、最初に色々なことを言われすぎると生徒さん的には頭が混乱して嫌なのではないか?と思い、私も色々お伝えしすぎないようにしています。それでも最初から楽に良い音で弾けるにこしたことは無いし、どうにか簡単にうまく(嫌な気持ちにさせずに)伝える方法は無いものかと考えているんです。

上手くなればなるほど、楽に弾くことができる。力を入れるべきところに力が適度に入り、余計な力は入れずに済む。弓や指の無駄な動きがなくなる。きれいな音が出る。身体が痛くなくなる。伝えたいことが伝えられるようになる。弾くのがもっと楽しくなる。

それを、もっとうまく最初から伝えられないものかと思います。これは言葉でなくて構いません。

これらは全て繋がっていることなので、一つ一つを言葉で伝えなくとも、総体として体感してもらうことができるのではないかと考えているんです。ほんのちょっと、入口だけでも良いので体感してもらえないものかと…。

「体験する」って、そういう意味ではないかと。

…難しいし無理かもしれないですけど。

演奏の時に全力でやりきるのと一緒で、レッスンの時も「私のノルマはこれで終わり。これでOK」みたいな感じでするりと進めるのではなくて、いらっしゃった方に自分が何を伝えることができるのかをできる限り考え抜きたいし、実際に伝えたいです。それは私だけで完結することではなく相手次第で変わることなので。相手の持ち札を見ながら私のカードを出す感じで。

高望みしまくりたいと思います。

今日の動画はさっきアップされたばかりのThe Nordic Fiddlers Blocの「Dravbakken」です。ノルウェーのハルダンゲル地方の曲だそうです。左のOlavが演奏しているのがノルウェーの楽器で、ハーディングフェーレという楽器です。私ノルウェーの曲も好きで、OlavのソロCDも聴いたりします(同じようなフレーズがグルグルしていて、頭がだんだんグルグルしてきて好きです)。

ちなみに一昨日の朝、何かの曲の間奏部分が突然頭の中で聞こえてきて目が覚めたのですが、何の曲だっけ?と思い10分くらい考えた結果彼らの曲だったことに気が付きました、前日寝る前に聴いたからです。こちら↓の1:07~の低音がいきなり朝聞こえてきました。(動画、一番最後にピッ!て雑音が入るので注意です)

そして私の動画は256曲目「Polska efter Hans Dahl」です。雑音が入っていてすみません。家で弾けないので色々なところで動画を撮っています。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

 



Twitterで1日1曲(動画+ミニ情報)呟いています。Twitterはこちら

毎週火曜日、巣鴨のレソノサウンドでニッケルハルパ教室開講中。詳しくはこちら

その他演奏情報こちら