峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

今日も演奏させて頂きました。ありがとうございました!

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

今日もイトーヨーカドー曳舟の無印良品(場所は催事スペース)にて行われていた「つながる市イラスト展」で、演奏させて頂きました。

無印良品のスタッフの皆様に優しくサポートして頂き、無事に楽しく演奏を終えることができました。

少しでも足を止めて見てくださった皆様、長い時間聴いていってくださった皆様、遠くから見守っていてくださった皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました!

私は今回の演奏を通して、また自分自身で「もっとこうしてみよう」と思ったことがあったり、発見もありました。それも含めてまた練習して自分で試行錯誤して、より演奏技術と表現を磨いていこうと思います。(その発見についても、練習しながらまた後日ブログに書くと思います。自分である程度練習して実験してみないと効果がわからないので、少しずつ書きます)

演奏以外の面での個人的な感想としては、演奏ごとに毎回無印良品のスタッフさんが交代で紹介をしてくださったので、色々な方とお話しできて楽しかったです。普段は一人で練習するか、限られた人と交流するのみなので、たまに世界がとても狭くなってしまうのを感じます。そういう状態で練習すると音も内向きになります。

私はあまり社交的なタイプではなく、どちらかと言わなくてもかなり一人で黙々と作業するタイプなのですが、人とお話しすると元気をもらえます。昨日と今日がそうでした。あと、以前の私は人と接する時に人に合わせすぎて疲れてしまうことが多かったのですが、最近やっと普通の自分で接せられるようになってきたので、「素の自分でも人と話せる」ということが単純に嬉しいです。

イラスト展で出店されていた方々にもきちんとご挨拶ができなかったのですが、聴いていてくださるのが見えて嬉しかったです。

興味を持って頂くということは、それだけでとてもありがたいことだと思っています。

昨日は眠くなってしまいブログがちゃんと書けなかったので、今日あらためて書きました。

今日も私の動画はお休みですが、動画のご紹介だけ。以前もご紹介したDavid Eriksson(左の人)とMagnus Holmström(右の人)の「Polkett efter Bohlin(アウグスト・ボリーン伝承のポルケット)」です!この二人の演奏はおもしろすぎて見ていてニヤニヤします。漫談みたいです。

この二人は超仲良しで、私が留学した学校の卒業生(同級生同士。年齢はMagnusの方が上)です。「演奏中何も言わなくてもお互いのやりたいことがわかる」そうです。私が留学していた時はDavid(ダーヴィッド。左の人)が常任の先生で、Magnus(マグヌス。右の人)はゲスト講師で来てくれました。今日つながる市の中で演奏した曲も、この二人それぞれから習った曲が入っていました。そういえばポルケットの曲は今日全然やりませんでしたが、やったら楽しそうです。この曲はまだハードル高いですが。

あ、あと昨日無印の方に聞いたのですが、BGMシリーズの音楽配信サービスが始まったそうです!私はSpotifyユーザーなので嬉しいです。CDも持っているのですが、練習したい時とかスマホで聴けると便利なんです。

今日もお読み頂き、ありがとうございました!

 



Twitterで1日1曲(動画+ミニ情報)呟いています。Twitterはこちら

毎週火曜日、巣鴨のレソノサウンドでニッケルハルパ教室開講中。詳しくはこちら

その他演奏情報こちら