峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

楽器を大切にするということについて

/ ニッケルハルパ奏者

☆【告知】10/7(土)18:00~コンサートを行います。皆さまのお越しをぜひお待ちしています!→【演奏情報】10月7日(土)18:00~「デュオデュオデュオ!vol.3 ニッケルハルパ奏者3人によるコンサート」@レソノサウンド(巣鴨)


 

楽器を大切にするというのは、物理的に「楽器を大事に扱う」ということ以外にも、色々な意味を含んでいます。

今回は、「楽器を大切にするとはどういうことか」について、私の経験をまじえながら書いてみます。

誰も立ち止まらない演奏

私は過去に、商業施設でソロの演奏をしたことがあります。

30分×3回、入り口わきの通路で。マイクはありません。

報酬の発生しないお仕事で、往復1000円の交通費は自腹。民族衣装を持って、1時間以上かけて電車で行く場所でした。

その時は演奏させてもらえるのがありがたいと思っていて、月に1日くらいのペースで何日間かやり、最初はたくさんの人にお聴きいただけたのですが、

だんだんとその数は少なくなっていき、

最終的には、30分×3回、その日一日ほとんど誰も立ち止まらなくなってしまいました。

自分でもびっくりしました。

こんなに素晴らしい楽器と音楽なのに。

ガーン。

私の腕前の不足とか、町の皆さんが忙しかったのだとか、誰も立ち止まっていないから立ち止まりにくかったとか、色々な理由はあるかもしれないけど、その時に思いました。

誰も悪くない、お店のスタッフさんも、もちろん通り過ぎて行ったお客さんも。

でも、このやり方ではダメだ。

演奏する環境と雰囲気は、私自身がちゃんと選んで、作っていかないと。

そうじゃないと、スウェーデンからわざわざやってきたこの楽器と音楽に、私は、申し訳が立たない。

大切にされなくても良い、という信号を自ら発していた

その日はもちろん悔しくて家で泣きましたが、それ以上に、私は楽器に対して、なんて失礼なことをしていたんだろうと思いました。

人に聴かれないための音楽なんて無いのに。

ざわざわしたところで、マイクも無しに、「聴かれない」ことを前提に演奏するなんて、私が間違っていた。

そんなことを続ければ、いつしか「聴かれない」ことが当たり前になります。

「この音楽は大切に聴かなくても良いんだ」という信号を、私自身が発することになるのだと知りました。

ニッケルハルパよ、スウェーデンの伝統音楽よ、ごめん。

「演奏させてもらえるだけでありがたい」って思ってたけど、違った。

やっぱり、この楽器に興味を持って、大切に聴いてくれる人達の前で、私はニッケルハルパを演奏したい。

“聴かれなくても、興味を持たれなくても、踏ん張る”。

そういうハングリー精神をカッコいいと思っていたけど、そんな自己満足のカッコよさなんてどうでも良かったのです。

私はこの楽器と音楽が輝ける場所を、「選ばないといけない」と思いました。

弾ければなんでも良い、じゃなかったんです。

「人通りの多いところで弾いて楽器の知名度を上げる」ことや「とにかく人前で演奏する機会を増やす」よりも、私はこの楽器を、「大切に」しなくちゃいけない。

「大切な楽器だ」という信号を、発しないといけない。

この楽器とこの音楽を、大切に思ってくれる人のもとへ、届けることをしないといけない。

どうせ頑張るなら、そのために頑張るんだ。

大切にされて初めて気づく。楽器も自分も。苦手な人との距離感

このことに気づけたのは、楽器も音楽も大切に思ってくれる人たちに、たくさん出会うことができたからです。

今までの演奏でお会いしたたくさんの方々。

大切に聴いていただいて、初めて、「ああ、あの時のあの状況は、やっぱり私のやり方が間違っていたんだ」と知りました。

そして、楽器だけではなくて自分自身のこともそうです。

話がそれますが、私、苦手な人(楽器の仕事関係の人)がいました。

その人は、仕事の連絡に返信をしません。私だけでなく他の人からの連絡にも。

気が向いた時だけ返信してくれますが、他の人が困っていても、返信しないことに本当に何も感じていないようでした。

私はその人のことが心の中で全然信頼できない一方で、そういう行動(気が向いた時だけ返信する)をとられると、なんだかつい「機嫌を損ねないように」と思ってしまい、

気を使って連絡係のようなことをやり、自分が雑用をやることが当たり前のようになりました。

実際に会う時にも、その人が気持ちよく仕事ができるように自分を合わせて、緊張して委縮しました。おなか痛いなあ、って感じです。

それが最近、「ああ、あの人のあの行動、私は当たり前のように我慢していたけど、普通に考えれば非常識で怠慢なだけだった」と急に気づきました。

むしろどうして今まで気づかなかったんだろう、と思います。

その人とのコミュニケーションが「上手くとれない」と感じていたのも、緊張するのも、「私が悪いのではないか」「私が相手の力量に追い付いていないから」と思い込んで勝手に振り回されていたのですが、それは違った、と気づきました。

ただそういうスタイルの人(仕事の優先順位が低い人)なんだ、と気づきました。もしくはとても忙しいか、返信しなくても許される愛されキャラだと自分で思っているのかも。

そう気づいたら肩の荷がおりました。

そう気づけたのも、自分が演奏する音楽を大切に聴いてくれる人達や、一緒に良いものを作りあげようとしてくれる人達と、出会えたからだと思いました。

楽器も自分も一緒です。

気づけるようになったら、その「苦手な人」との距離が遠くなり、いい意味で「どうでも良い人」へ変わりました。

大切なのは、その人の機嫌ではなくて、お客さんに良い体験をしてもらうことだと思いました。

楽器を大切にする努力

話がそれましたが、楽器を大切にするというのは、この楽器が輝ける環境を選んで、周りの人と一緒に作って、演奏するということです。

この楽器と音楽を楽しんでくれる人に届けるために、周りの人と協力して、創意工夫をこらすことです。

「力のある人は、どこでも演奏できる、場所なんて選ばない」のだと、私は思っていましたが、違いました。

力のある人こそ、音楽を届ける環境に本当に力を入れて、周りの人に多少「わがまま」と思われてもいいからその場のベストを尽くして、最後にはお客さんに笑顔を届けるのだと、最近知りました。

お客さんに笑顔を届けるためには、やっぱりこの楽器と音楽に、輝いてもらわないと。

そのためには、私自身も楽しめるような環境作りと、楽しんでくれる人達とのつながりと、そして、楽しんでもらうための努力をしなくちゃいけない。

「楽器を大切にする」というのは、私の中ではそういうことを意味するようになりました。

今まではわがままに思われるのが嫌で、自分の意見を言えない時も多かったです。

別に「言えない空気」があったわけではなくて、本当は言えば良いのに、私に言う勇気が無かっただけです。

でも、わがままに思われることよりも、「お客さんに何を体験してもらうか」の方が大事だと思うようになりました。

演奏する環境は行ってみないとわからないことも多いし、そこで一緒に場を作り上げる人たちの熱意によっても、会場の雰囲気はがらりと変わります。

自分一人ではコントロールできることなんてほとんど無いかもしれません。

それでも、その日・その場所で、何か自分ができることがあるはずです。

考えろ考えろ。あきらめるな。必要な時は周りの人に助けを求めろ。

人の輪の力は絶大です。一人で抱え込むより周囲の協力をあおぐんだ。

厳しい状況の中でも、せめて一歩進めるように、何か工夫しよう。

それでもうまくいかなかったら、帰ってから泣いて、次にいかそう。

そう決意しました。


以上、「楽器を大切にすること」について書きました。

こういう内容は、ともすると誰かを批判する内容になってしまうので、書くのがなかなか難しいです。

それでも、ブログを誠実に書き続けることが大事だと思いました。

お読みいただき、ありがとうございました。