峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

Twitter動画の投稿は続くよどこまでも。

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

最近投稿している動画は留学後半に習ったものばかりです。

つまり弾けない!というかあまり弾いていない!堂々と言うことじゃないけど。

どういうことかというと、留学の最初はとにかく手持ちの曲数が少ないので1曲をめっちゃ練習できるんです。それしかやることないですし。

(あとやることといえばサボテンに話しかけるぐらいでしょうか。私は寮にもともとあったサボテンにヤンソンと名付けて声をかけていました)

留学後半になるにつれて、レートリーが増えてきて、曲を教わるペースも速くなり(私達生徒が新しい曲を覚えるスピードが速くなるので)、教わる曲以外にも弾きたい曲が出てきて、どんどん復習が追いつかなくなるのです。教わったけど弾けない曲が溜まっていくのが後半戦。

今投稿している動画の曲も向こうではほとんど弾いていなかったものばかりです。だからほぼ初見に近い。

「習ったんなら初見じゃないじゃん」と思われるかもしれませんが、人の記憶のいい加減さを侮ることなかれ。一回習っただけじゃ、確実に忘れます。あとで自分で弾かないと。

今回、この動画投稿の機会を利用して曲を復習しようと思っています。復習だけではなくて、弾き慣れていない曲をいかに短時間でものにするかの練習にもなるし、弾けてない自分の姿をさらすことへの抵抗感を薄める訓練にもなります。いざ、完璧主義からの脱却。

人によってモチベーションの保ち方は違うと思いますが、私は「練習」とか「訓練」とか言われると結構燃えるタイプなので、その方向でいきます。峰村、いきます。

そんな訳で動画の投稿とブログの投稿は続きます。細々とでも続けるんだ。

112曲目は「”Felgubben” efter Johan August Andersson」です!LapplandのDoroteaという所の曲です。きれいな曲です!明日も同じ奏者が伝えた似た雰囲気の曲を投稿する予定です。

今日もお読みいただき、ありがとうございます!