峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

かわいい。「Ralsgård & Tullberg kvartett」

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

おじさん3人いますが、かわいい曲で、動画もかわいらしい雰囲気のこちらです。

ニッケルハルパは留学先の先生でもあったNiklas Roswall(二クラス)です。アレンジの先生もしていて、割とカッコいい系のバンドやアレンジでじゃかじゃーんと弾いている印象が強いので、こういう雰囲気は少し新鮮な気がします。

なんだかかわいい雰囲気。こまたでスキップする感じです。

一方で、こちらのグループの主なメンバーの出身や扱っている曲はスウェーデン南部(スウェーデン人以外もいたかもですが)のものが多いので、同じく南部出身でそちらの曲をよく演奏しているNiklasとはよく合っているのだなとも思います。

留学していた時にこの4人のCDのリリースコンサートを聴く機会がありました。懐かしく思います。

南部の曲は、「リズムの抑揚をばんばんつけてうねる」というよりは「安定的にひたひたと流れていくような曲」が多いです。

その分整っているような印象を受けますし、それがとっつきやすくも感じます。

(人によっては「どの曲も同じような感じ」と思うかもしれません)

感想は人それぞれですが、慣れていないジャンルの曲は「聴き方がわからない」場合も多いので、こういうちょっとしたこと(私の感想)をお伝えすることでより楽しんで頂けたら良いなと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

222曲目は「Dansa gärna」です!2019年頃に私が作ったポルスカです。確かまだ投稿していなかったと思います。曲名の意味は「どうぞ踊って」です。