峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

先週のことは解決しました。

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

(写真は今朝の散歩中の景色です。朝というか、空が明るくなる前、星も輝いています)

先週色々ありましたが、その後週末を経て先週のごたごたは解決しました。

まず、音沙汰なしからのいきなり変更ということでショックだったこと、またこれ以上の変更は時間の都合で難しいこと、前回用意したものも今回用意したものも精一杯の気持ちで作っていることなど、私の気持ちと状況をきちんと先方にお伝えして、でも前向きにすすめたいということもお伝えしました。

そういうことをお伝えするのが私はとても苦手なので、なんか失礼なこと書いちゃったかなー…でも書いたことの100倍くらい心が乱れていたからなあ…と思っていましたが、そんな私からの連絡をきちんと受け止めてくださり、誠意をもって対応してくださったように私は感じました。

だから気を引き締めて、私も誠実に対応していこうと決めました。二転三転しておりますが、とりあえず私の心は落ち着きました。ご心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。

客観的に自分がどうすべきなのかは常に様々な局面で考えますが、それを踏まえたうえで、あえて気持ちで動くことも大事かなと思っています。どうすべきかに縛られると苦しくなっていくような気がするし、一方でただ自分のやりたい放題だけやるのも自分らしいやり方ではない気がして。その中間を見つけたいです。

あとコミュニケーションが結局大事なんだなって、結局そこだなと思いました。

成人してから10年、大人になっているつもりというか、大人にならなきゃ!という思いが心の中に満ちていますが、それとは別に初めて挑戦することだらけの今の私です。

初めてだから、泣いたり怒ったりして、恥もかいて周りに助けてもらってやっていくしかないし、そういう自分も認めていこうと思います。

95曲目は「Kuss-Olles livstycke」です。この曲を教えてくれた人(David)は「なんでこの曲がそう呼ばれているのか知らない」と言っていたので、自分で調べてみました。Kuss-Ollesという(多分フィドルの)奏者がいて、病気になり「死ぬ前にもう一度だけこの曲が聴きたい」というので聴かせてあげたら元気になったそうです。それでこの名前がつけられた、と。livsは人生の。styckeは部分とか一部とか。ここだと、「人生の曲」という意味なんじゃないかと私は思っています。

自分の技術不足が露呈していますが、それでもアップします。世の中には数えきれない曲がある。毎日どんどん投稿投稿。

今日もお読みいただきありがとうございます!