峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

癒される曲(Nordic Fiddles Bloc)

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

寒いですが、よく晴れた冬の朝の空気は気持ち良いですね。

今日も動画を紹介します。

The Nordic Fiddles Bloc(ノルディック・フィドラーズ・ブロック)です。

奏者は、動画向かって左からOlav Luksengård Mjelva(ノルウェー。担当楽器:hardanger fiddle & octave fiddle)、Kevin Henderson​(シェットランド(イギリス)。担当楽器:fiddle)、Anders Hall​(スウェーデン。担当楽器:fiddle & viola)。3人とも別の国の人達で、ソロはもちろんそれぞれに他のミュージシャンとのアンサンブルもしていると思います。

この人達の演奏(曲)は他に有名なのがたくさんありますが、私はこの曲がとても好きです。Olav(左のノルウェーの人)の作曲だそうです。Olavの楽器の弾き方好き。

3者3様なので、この3人で演奏する曲もそれぞれの出身国の伝統曲であったりオリジナルであったり、という感じです。

このNordic Fiddles Blocは、留学先のクラスメイト(スウェーデン人もフランス人もオランダ人もアメリカ人も)がほとんど皆知っていたので、有名な人達なのだろうなと思います。私は留学するまで知りませんでした。

(右のAnders(スウェーデン)は実際に生での演奏を見ました。Andersが演奏前にカウンターでお酒を注文していて「グラスが冷えてないから交換してくれ」とお店の人に言っているのを見かけて、私は『演奏前なのにきっちり楽しむんだなあ』と思ったのをよく覚えています。演奏はとても良かったです)

今も書きながら久々に聴いていますが、この曲、癒されます。曲もですが、アレンジも演奏自体も素敵なので。ぜひ聴いてみてください。

今日もお読みいただきありがとうございました!

192曲目は「Vals efter Lasse i Lyby」です!この曲は無印良品のCDにも収録されていますし、Nordic Fiddlers Blocも演奏しています。

 



Twitterで1日1曲(動画+ミニ情報)呟いています。Twitterはこちら

毎週火曜日、巣鴨のレソノサウンドでニッケルハルパ教室開講中。詳しくはこちら

その他演奏情報こちら