峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

Twitterに投稿している動画について。

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

最近のTwitterの動画で、私が歌ものばかりを弾いているのは、弾ける曲のレパートリーがなくなってきたことがきっかけです。

新しい曲を覚えて弾けるようになるまでには、私の場合少し時間がかかります。それでも動画の更新頻度は落としたくないと思って、「留学中に習った歌や自分が好きで聴く歌だったら、楽器で弾く曲よりも細かい音や重音がなくてぱっと弾きやすいかも」と思ったんです。ハードルが低い、という感じです。

(これは歌が簡単という意味ではなく、自分の専門ではない歌をあえて楽器で弾くからハードルが低い、という意味です。専門ではないから、できていなくても自分で許せる、という意味で)

動画の更新頻度を落としたくないのは、この「毎日新しい曲を弾いて動画に撮る」というのが、完璧主義を手放すきっかけになると思ったからです。

「完璧に弾けるようになってから動画で撮ろう」と思ったら、毎日更新なんて無理だし、本当にとても完璧主義な人の場合、永遠に動画に撮ることはできないと思います。完璧に弾けるようになる日なんて永遠にこないからです。

「今日は昨日より良い!」と思うことはあっても、その翌日になればもっと上が見えます。もっと細かいことも、もっと全体の流れも、あと方向性を変えたくなることも。やりたいと思うことは尽きません。

動画はTwitterにあげる時点で画質も音質も悪くなってしまいます。それでも見てくださる方や聴いてくださる方がいて、その方達に毎日ちょっとしたスウェーデンの音楽をお届けできたら良いな、それで楽しんで頂けたら良いな、というのが私の意図です。だから、あまりにも弾けていないのは別として、少しでも曲の形になっていたら(それが私の今の精一杯なら)投稿するようにしています。

それで、今は日々新しい曲のレパートリーを増やしている段階なのですが、ここで気が付きました。

以前投稿していた曲は留学中にたくさん練習していたからこそ弾けた曲。もしくは、「新しい曲だ!難しい!」と思っても、普段から音源で聴いていたからこそ、いざ弾こう!と思うと割とすんなり(細かいところ以外は)弾ける曲でした。

一方最近の歌ものの動画は、がっつりニッケルハルパやフィドルの曲というものよりも音数が少なくて(いわゆる”簡単な曲”と言えるもので)、「そういうものを撮って投稿するのは怠けじゃないか?」と思ったりもしました。

でももし「新しい曲を聴いて、その場でぱっと弾く」ということをするなら、おそらく今の私の実力(レベル)は今撮っている動画の難易度くらいなのではないか。つまり音数が少なくて、短くて、音のことを気にして歌う余裕があるような。音色のことやキーの力加減、身体のことを意識しながら弾くことができるような。

「簡単な曲を弾いて怠けるようになった」のではなくて、「今までが無理して見栄はりすぎていたかも」ということです。

もちろん今までの曲も、「何度も何度も練習した曲」という意味であればれっきとした自分のレパートリーです。でも「いきなり弾いたら弾けました」という感じでやるにはちょっと違うし、そう無理しなくても良いのかなと思いました。見てくださっている方は別にそんなことを考えていないとは思いますが…私が自分でそう思っていたんです。私は弾ける!と。

(自分ならできる!と自分を信じることは常にとても大事ですが、それが虚勢になると違うかなと思います。無理している)

ダメだしされることとか、馬鹿にされることを怖れて、虚勢をはろうとしていたのかもしれません。珍しい楽器で、狭い世界(コミュニティ)だからこそ周りが気になってしまったりとか。これ、本当にあるあるです。

一つ一つ丁寧に、着実に、自由にやりたいと思います。


今日の動画は以前何度かご紹介したDreamers’  Circus(ドリーマーズ・サーカス)が、これまた以前何度かご紹介したLena Jonsson(レーナ・ヨンソン)の最新アルバム収録曲「Bakom berget(山の後ろ)」をカバーしている動画です。Lena Jonsson Trioが以前Dreamers’ Circusの曲をカバーしていたので、そのお返しでしょうか。この動画、Dreamers’ CircusのチャンネルではなくLena Jonssonのチャンネルから出ているのも素敵ですね。最初動画を見た時は同じ曲だとわからないくらい、Dreamers’ Circusの曲だ!って感じました。

本人達の曲はこちらです!動画ではありませんが、公式の音源です。ちなみにLenaは普段はこんな奇抜な(と言ったら失礼かも)見た目ではありません。飾らなくて、演奏も本人もすごい人です。

私の方のTwitter動画は261曲目「Vänta inte med att sjunga」です!この歌はとても良い歌詞がついています。「歌いたいなら今歌え、年をとるのを待つな、そんなことしてたら1曲歌うよりも前にまず死んじまうぞ~」という歌です。やりたいことは今やれ、ということです。これもトラッドで、誰が作った曲かは不明だそうです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!