峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

今日はリハでした。

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

今日は4/3の演奏のリハでした。

たくさん、楽しく弾けたので本番が楽しみです!

まだ少し本番まで日にちがあるので、これからさらに着実にしていきたいと思います。


昨日知り合いの方と一緒に少しセッションをして動画も一部撮って頂いたのですが、その動画を昨日の夜見ていて思ったのが「もっとやっていいのだな」ということです。

例えば民族音楽だと1曲が1分くらいで、コンサートなどではだいたいそれを3回くらい繰り返して演奏するのですが、もしも「3周目で一番盛り上げたい」場合、つい無意識に私は1周目をテンション抑えめで始めてしまいます。

一応自分としてはダイナミクスをつけているつもりなのですが、ダイナミクスというよりは「いまいち思い切れたいない」感じになっている気がしました。動画を見て。

それで3周目に入るとやっと良い感じになって、弾いている間は自分としては「3周目はかなり頑張っているから『頑張っている感』が出ちゃっているかな」と思っていたのですが、動画で見てみたら「これくらいがちょうどいいな」という感じだったんです。頑張っちゃっている感は特にありませんでした。

つまり、「やりすぎくらいがちょうど良い(それでも全然足りないくらい)」なんですよね。色々な場面でこれはよく言われるのですが、昨日あらためて自覚しました。

それもあったので今日のリハではテンションを抑えるということは特にしないよう心がけました(音量は抑える時もありましたが)。心がけないとまたすぐ引っ込みそうになるので。

昨日課題として書いたことは今日は一応全部意識することができたので、その点では良かったなと思います。あとはもっと大胆になることかなあと思いますが、それも練習しながら、技術と気持ちの両方で身に着けていくことなのだろうと感じています。

つい力をセーブしそうになりますが、演奏の時だけはセーブせずに全力でできたら良いなと思います。

今日はこちらのEric Sahlströmの動画です。弾き始めるのは2分くらい~なので、そちらから再生にしてあります。楽しそうに弾いています。そしてとても上手いです。

236曲目は「Stormyren」です!Eric Sahlström作曲です!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!