峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

今日は手短に書きます。

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

今日はブログを書く時間があまりなくなってしまったので手短に書きます。

ニッケルハルパのレッスンをしていて、受講してくださっている方々が毎回上達していくのを見るのは嬉しいです。

以前も書きましたが、自分が試行錯誤してきた過程を、他の人に「同じように苦労して味わってほしい」とは全く思っていません。今の私だからこそ提供できる「最短ルート」というのが常にあるはずです。行きたいところまでできる限り直接行ける道、です。

苦労すること自体は良くも悪くも無く、その過程で得られるものもたくさんあります。でも私の目的は「生徒さんに苦労して楽器の技術を上達してもらうこと」ではありません。

「楽しく弾ける、ということを感じてもらいたい」と思っています。その手段というか、過程としての上達です。

(だから「全員にこのレベルまで行って欲しい」とか、そういうのもありません。その人がもっと楽しく弾けるために、今問題になっている部分があればそこを見ていきます)

「楽しければ上達しなくても良いのでは」という意見もあるかもしれません。それでも、できなかったことができるようになったり、よりきれいな音が出せるようになって嬉しくない人はいないと私は思うんです。

それに、誰だって必ず上達しますから。

私もまだまだですが、常に精一杯のことをしていきたいなと思っています!

今日の動画はOlov Johanssonの「Verkstad」です!Olovが(たぶんこのニッケルハルパをご自身で作っている最中に)作った曲だそうです!(説明欄とコメント欄で言っていることって、たぶんそういうことですよね?)

こんな楽器が作れるなんて、すごいなあと思いました。もちろん曲も音も素敵です。

私の方の動画は265曲目「Kaffelåten(コーヒーの曲)」です!C・A・F・F・E~の音から始まる歌なので「コーヒーの曲(歌)」。かわいいです。歌詞も「コーヒーは最高だ~」みたいなとても明るい歌詞です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

 



Twitterで1日1曲(動画+ミニ情報)呟いています。Twitterはこちら

毎週火曜日、巣鴨のレソノサウンドでニッケルハルパ教室開講中。詳しくはこちら

その他演奏情報こちら