峰村茜のホームページへようこそ!どうぞごゆっくりご覧ください。

留学先の学校名を微妙に勘違いしていたことに気が付いた+HP修正など

/ スウェーデンの民族楽器「ニッケルハルパ」奏者

私がスウェーデンで通っていた学校は3つあるのですが、その3つ目、ニッケルハルパで留学していた時の学校名をずっと微妙に勘違いしていて、間違えていたことに昨日気が付きました。

正しくは、”Eric Sahlström Institutet

←私が間違えていたのは、”Eric Sahlström Institut”。

”Institutet”(インスティテューテット)だと、英語の”the”がついている状態。

←”Institut”(インスティテュート)は、”the”無しです。

で、私は”Institut”だと思っていたのですが、”Institutet”でした。

客観的にはおそらく割とどうでもいいことだろうとは思うのですが、私としてはやはり重要なことなので、「うわ、今まで間違えていた!」「HPのプロフィールとか全部直さなきゃ!」という心境になりました。

勘違いの理由

勘違いにも一応理由があります。

①単語としてはinstitutで合っているので違和感が無かった

②最初に留学していたルンド大学は”Lund universitet”、2番目の留学先ブレーキンゲ国民高等学校は”Blekinge folkhögskola”で、両方とも”the”が無いので、「学校名は”the”は無しなのだ」と思っていた

からです。

※universitetは”the”を つけると”universitetet”(ウニヴァズィテーテット)、 folkhögskolaは”the”をつけると”folkhögskolan”(フォルクヘーグスコーラン)という感じになります。単語の末尾が長くなります。

理由はどうであれ、学校のHPには正式名称が書いてありましたので、それで間違いに気が付きました。

Eric Sahlström InstitutetのHP→https://esitobo.org/

HPにたくさん出てくる”Tobo(トーボー)”は地名です。学校の所在地で、Toboといえばこの学校、みたいな感じになっています。

また、この学校は普段は”ESI”と略すことが多いので、それもあってあまり気が付かなかったのかもしれません。

HPやプロフィール等の手直し

というわけで、プロフィール、経歴、等々をしらみつぶしに直しました。

経歴の「師事した奏者」にいたっては、Institutだらけでしたので、全部Institutetにしました。

プロフィールも、コンサートのフライヤー等で使用していただけるものを、プロフィールのページからPDFでダウンロードできるようにしているので、そちらのPDFも作り替えて差し替えました。

さらにプロフィールページの内容自体も少し変更しました。

その他も見ていますが、まだ抜けがありましたらすみません。引き続き注意します。

また、ブログは全て直すのは難しいので、そのままにしています。

お問い合わせフォームの手直し

さらに、それとは別に「お問い合わせフォーム」に少し不具合があったので、そちらも試行錯誤し、送信完了画面や自動返信メールの文言なども少し変更しました。

お問い合わせフォームに関しては、作った時のことはほとんど覚えておらず、画面を見てもチンプンカンプンでした。これ、誰かが私の代わりに作ってくれたんだっけ?(そんなわけないけど)、と思えるくらいに、画面がわけわからなかったので、またいちから調べ直しました。

ただでさえ不具合があるのにそれをさらにひどくさせたり、なんやらかんやらをやり、最終的にはなんとか良い感じにできました。きっとそんなに難しくはないはずなのですが、慣れないとなかなか難しいです。

問い合わせテストメールを自分宛にたくさん送りました。

HPはシンプルな方が維持しやすい

HPを作って3年目ですが、シンプルなものの方が見やすく、維持しやすく、更新もしやすく、クオリティもその分上がるのでは、というのが今の考えです。

以前は加減がわからず、情報を詰め込みすぎたのと、ページ内ページみたいなものを作りすぎて迷路のような作りになっていました。

自分の考え方も偏っていて、ニッケルハルパもスウェーデン民族音楽も初めて聞く、という一般的な方の目線に立つことが非常に難しく、どんな情報が必要で不要なのかが全くわかりませんでした。情報が間違って伝わってしまうことも、非常におそれていました。

今はその点ではかなり楽になりました。もっと良くできるとは思いますが。

これも、やってみたからわかったことであって、最初から今のかたちや考えに至ることは不可能だったと思います。

今後も色々考えながら試していきたいと思います。

お読みいただだき、ありがとうございました。